当教室に通ってくださっている生徒さんの中に、ドイツへの留学を目標として頑張っている方がたくさんいます。
そのなかでも特に多いのが美術留学です。

ドイツのKunstakademie(美大)は質が高いことで有名で、世界各国から留学希望者が押し寄せています。
私がドイツにいた時も多くの日本人が美大を受験しにドイツに来ていました。
しかしながら当然倍率も高く、入学試験に一発で受かった日本人はあまりいないようです。
受験しにドイツに来た人のほとんどが泣きながら日本に帰国していたのを思い出します。

ドイツの美大はその大学によって入学試験が異なっています。
ドイツ語の試験があるところもあれば、ドイツ語の資格(ZDやDSH)が必要なところもあります。
ドイツ語の規定がないからといってドイツ語が必要ないというわけではありません。
大学での授業は当然ドイツ語で行われるので、最低でも自分の作品について詳しくプレゼンできるだけのドイツ語能力は必要不可欠です。
ドイツ語ができないと受験の合否以前に相手にされない、という話もよく聞きます。

そのため留学を考えている方は日本でZDを取って行かれることをおススメします。
これを持っていると「私はドイツ語が出来ます」という証明になり、受験の際にとても有利です。

トラウムではZDの過去問を使った試験対策や留学相談も受け付けております。気軽にご相談ください。

 

 

Changed at 2012/05/06(Sun) 03:25
コメント コメントの投稿
名前(*):
メール:
コメント(*):